不条理や困難に苦しむ人々を応援することは、どんなに小さなことでも大切です。自ら感じ、行動することで、自身の心の治癒や肯定化にもつながります。
(2022-4-12)

デルタからオミクロン、それもBA1からBA2へ、そしてそのミックスであるXEへとコロナは変異を続けています。

終わることのない感染症により、多くの人々が、下園壮太氏(注)が言う蓄積疲労のサードショックの入り口にいるように思えます。

そのことに加え、不条理な戦争の中で、罪もない人たちの命が奪われるというニュースが連日報道されています。

戦闘シーンもゲームではなく現実なのです。

私の年代でも辛くなります。

多くの人々が軽い鬱状態にあると思います。

メディアを見ないようにして、過剰に悲観的な情報を摂取してしまう行為を自避けることも大事なことですが、こんな惨状に目を背けていていいのか、という内なる声と戦うことになります。

これは、最悪の事態に備えて脳に刻み込もうとする力です。

ポジティブなことよりネガティブなことのほうが記憶に残りやすいのです。

無力感や制御不能感、喪失感、愛する人との別れを恐れた記憶、不安感や圧倒的な絶望感など、私たち自身は反応してしまいます。

心が疲れ切ってしまいます。

不全感には行動を起こすことです。

大きなことでなくても少額の募金を続けるなど“している”自分を作り出すことです。

小さなことでいいので、それを続けることです。

自らの感情を認めることは難しいことですので、“feel”を使います。

感じている自分がいることに置き換えます。

存在全部がつぶされないようにします。

メタ認知といいます。感情のコントロールがしやすくなります。

終戦に直接関わることはむずかしいのですが、自らの感情をコントロールすることはできます。

“できる”自分を感じてください。

「willからcan」はパワフルです。

自然の治癒力と身近な人からの愛情は根源的な力です。

そんな貴方が、被災をされている方々を応援し続けることは大切なことです。

 
 
(注)下園壮太氏:特定非営利活動法人 メンタルレスキュー協会理事長

事業所のご紹介
写真をクリック

東京都八王子市美山町279番地

東京都町田市図師町971番地2

東京都八王子市長沼町1306番地4

東京都八王子市下恩方町925番地1

東京都八王子市美山町1735番地1

東京都町田市図師町971番地2
(町田福祉園内)

お問合せ・ご応募

お問合せ・ご応募はこちらへ

042-793-2819

平日9:00~17:30

社会福祉法人みずき福祉会
@採用ルーム(町田福祉園 内) 

※採用担当が不在の場合や、受付時間中に留守番電話になった場合は、お名前とご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。