「生」を大切にしましょう!「本当の想い」を受け止めましょう!(2018-02-22)

身近な人が亡くなると、残された時間をどのように生きたらいいのか!という不安に駆られます。

 

容姿や体力は確実に衰えてきます。平均寿命が80歳だとしても、健康でいられる時間は70歳なのです。

 

したいことは「数年のうちにしておかなければならない」「時間がない!」そんな風に考えが脳裏によぎります。

 

昨年の10月から、左肩にケガをしてしまい不自由な暮らしをしています。身体が思うように動かないということが、こんなにもメンタルに影響を与えるとは思いもしませんでした。

 

「今を健康に生きられない」時、まだ、起こってもいない未来をネガティブなストーリーを描き、見事にそれを演じようとしています。

 

日本では「生老病死」そして「無常」という言葉で「今を」身体もメンタルもいい状態で生きることを教えています。

 

先日見たアメリカ映画では「愛・時間・死」ということがテーマになっていました。死までの時間は常あらずですから90まで生きるかもしれません。

 

分からないで悩んでいることは意味がないこと、老いていく過程は愛する対象も失っていくのですから、自らの心の中の愛が弱くなっているのであって外界は変わらない、愛する対象は満ち溢れていること。

 

人は死ぬまで自らの存在を証明したいもの、他者を通してしか自らを認識できない存在。だから利他性が大切、だから福祉は最高の仕事だということ。

 

チャレンジしているから自分が感じられる、しなくなると達成感も感じられなくなる。

 

「生」を大切にしましょう!小さな信号を繋ぎ合せて「本当の想い」を受け止めましょう。

 

私たちの仕事は「Make a wish」なのですから。

 

 

拠点施設のご紹介
写真をクリック

八王子平和の家

東京都八王子市美山町279番地

町田福祉園

東京都町田市図師町971-2

東京都八王子市長沼町1306番地4

お問合せ・ご応募

お問合せ・ご応募はこちらへ

042-793-2819

平日9:00~17:30

社会福祉法人みずき福祉会
@採用ルーム(町田福祉園 内) 

※採用担当が不在の場合や、受付時間中に留守番電話になった場合は、お名前とご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。