社会福祉法人に求められる新たな役割は、市民が持っている様々なリソースをコーディネイトし地域の問題を解決していくというクリエイティブな在り方です。

(2019-12-12)

福祉は、パラダイムの変換とも言える時代を迎えています。

世界の中で1億を超える人口を有する国として、初めての超高齢化社会を迎えています。

そして、国は「地域共生社会」という画を書きこれを実現するため“地域包括ケアシステム”という方法を打ち出しました。

 

地域とは、その構成員が必要な役割を担い合う共同体であり、包括とは住民参加で多種多様な連携でシームレスな支援をすることを言います。

ケアとは、その対象者の尊厳の保持と自己決定を改めて確認をし、寄り添う支援をすることです。

 

システムは、財源問題と制度のあり方で目まぐるしく変わってきた福祉の世界を“持続可能で普遍的なあり方”として考えられています。

 

「市民が持っている様々なリソースをコーディネイトし、地域の問題を解決していく」という新たな福祉の役割が求められています。

私どもは「相互支援社会」を標榜してきました。

 

福祉はクリエイティブな仕事だと思います。 

新たな社会に求められる法人になるべく務めていきたいと思います。  

事業所のご紹介
写真をクリック

八王子平和の家

東京都八王子市美山町279番地

町田福祉園

東京都町田市図師町971番地2

東京都八王子市長沼町1306番地4

東京都八王子市下恩方町925-1

東京都八王子市美山町1735−1

東京都町田市図師町971番地2
(町田福祉園内)

お問合せ・ご応募

お問合せ・ご応募はこちらへ

042-793-2819

平日9:00~17:30

社会福祉法人みずき福祉会
@採用ルーム(町田福祉園 内) 

※採用担当が不在の場合や、受付時間中に留守番電話になった場合は、お名前とご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。