福祉とは人としての源流に戻るだけのことです
(2018-09-12)

対人援助とは、単なるコミュニケーション能力ではなく、

対象者の想いに対して、一度立ち止まり、

自分の問題として共感的に捉えることで、

「自分だったらどうするのか?自分は何ができるのか?どんな形で役に立てるのか?」

という気づきが生まれることによって、人としてのゆたかさを引き出し、

引き出されて行くという相互作用である。

人の意識は揺らぎやすく、他者など外部環境に作用される。

 

人は他者に「受け入れられている」と感じると、

自分には「価値がある」という自信に繋がり「自分には存在価値がある」

という自己肯定感が生まれる。この自己肯定感により、自分が何を悩み、

何を思っていたということがより鮮明になり、

肯定的に理解されているという感覚は、アイデアが閃いたり、

バラバラだったイメージが統合され、他者を受け入れるという信頼という力を生み出す。


「他者依存をし、弱いところをさらけ出すというのは、

社会的な動物である人間にとって必要不可欠ないとなみだが、

こうした弱さの開示と他者への依存 は人間に対する信頼がないと出来ない。」

(熊谷晉一郎 東京大学 先端技術研究センター)

 

「人とし生きる」とは、“その存在が他者により必要とされている“

という証を追い求めている時間であるが、

そのこと以前に他に頼って存在(生活)せざるをえないのである。

スティービン・R・コビーは、人だけが持っている能力として、

自覚・想像力・良心・自由意思を上げている。

 

人は置かれている状況を自覚し、

良心と意思をもって未来に対してイメージし実践していける力を有しているのである。

愛という言葉は多様な意味を持ち使いにくい言葉であるが、

幸せであってほしいと願う気持ちや守りたい対象への想い(Wikipedia)であるとしたら、

福祉とは同義語であり本来的に持っている力を行使するだけで、

人としての源流に戻るだけなのである。

拠点施設のご紹介
写真をクリック

八王子平和の家

東京都八王子市美山町279番地

町田福祉園

東京都町田市図師町971-2

東京都八王子市長沼町1306番地4

お問合せ・ご応募

お問合せ・ご応募はこちらへ

042-793-2819

平日9:00~17:30

社会福祉法人みずき福祉会
@採用ルーム(町田福祉園 内) 

※採用担当が不在の場合や、受付時間中に留守番電話になった場合は、お名前とご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。